相続税

相続税は、相続や遺贈によって取得した財産に課税されます。つまり、遺産から債務を控除した資産額が遺産にかかる基礎控除額を超えた金額「注(1)」と、相続開始3年以内の贈与(相続時精算課税「注(2)」の適用を受けた贈与を含む)を受けた財産に対して課税されます。
相続税の申告及び納税の期限は、被相続人「注(3)」の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内とされています。

  1. 注(1):超えた金額→課税遺産総額といいます。
  2. 注(2):相続時清算課税とは、財産の贈与時には課税を行わず贈与者の相続開始時まで繰り延べる制度です。
    暦年課税とは、例えば贈与税に対する1年間の基礎控除額110万円の枠を利用して、毎年贈与された財産に対する贈与税を納付する制度です。尚、相続時清算課税と併用はできません。
    相続時清算課税制度の趣旨は、被相続人の資産活用の停滞を防ぎ、消費拡大を促すための特別制度であり、節税対策を促す制度ではありません。その制度には、大きなデメリットが存在しますので相続のプロである専門家に相談ください。
  3. 注(3):被相続人とは、財産を残して死亡した人で、死亡を「相続の開始」と表現します。

そのほかの相続税対策として

配偶者控除を利用した相続税対策!

配偶者に対して居住用の財産を贈与した場合には、
2000万円まで贈与税が無税になる制度です(但し、贈与税の申告が必要)。
よって、3000万円の贈与を受けて暦年課税を選択すると、
2110万円までの贈与税が課税されないことになり、
3000万円-2110万円=890万円×20%=178万円の税金となります。

子供が不動産取得の為の援助金を親が贈与したとする相続対策!

親1人原則として、1500万円までは贈与税がかかりません。
しかし、この相続税対策にはある一定の要件を満たす必要があります。
詳細は、無料でご相談させて頂きます。

安藤税理士事務所

tel047-424-5566

【所在地】
〒273-0002
千葉県船橋市東船橋5-3-3
【営業時間】
9:00~4:30
【休日】
土曜・日曜・祝日

メールお問合せ